40代からの脱サラ開業 奮闘記  本業と副業エトセトラ

転職を考える年齢やきっかけは?

 大学を卒業して新卒で入社した会社に長く勤めているという方は多いと思います。筆者も同様でした。

 

 日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。社員を一度雇用したら、定年まで解雇することはしないという終身雇用制度が、多くの日本の会社では設けられています。そういう理由もあり、学生から社会人になる時に勤め始めた会社を、定年退職前にやめる日本人は、以前は少数でした。会社に対して多少の不満があったとしても、我慢することは当たり前であり、定年まで勤め上げることが美徳とされていました。

 

 しっかり働いていればいいことがあると思う人が多かったのは、年功序列制や、終身雇用制がバックにあったためです。しっかり働いて、会社にとって必要な人材になることで、会社も社員を庇護してくれるから、転職は損というものの見方といえます。ただ近年、働き方の多様化によって、終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。このような時代背景の影響もあり、この先もいま勤めている会社でずっと働いていくべきなのかどうかと転職について考える人も増えてきています。

 

 終身雇用という考え方は時代と共に少なくなり、転職することに対する抵抗感はだんだんと薄れてきています。転職をせずに定年まで勤め上げることが善という考え方から、自分の能力を活かすための転職という価値観が広まりつつあります。結婚をして家族が増えたり、自分自身の今後のことを見つめ直す時に実行するかどうかは別にして、転職を考える人がほとんどではないでしょうか?

 

 会社で働いていると、県外や国外への転勤を打診されたり、想定外の働き方を求められたりします。独身の頃は、勤務地がどこでも構わないと考えていた人だとしても、結婚し子をもうけ、単身赴任を求められると、また条件は異なってくるものです。結婚をして子どもが産まれたことで、自分の子どもを転勤族の自分に付き合わせて良いものかと考えるかも知れません。子供がいる人が転勤する場合は、転勤する毎に子どもも一緒に転校をするか、自身のみが単身赴任をするかの選択をしなければなりません。転職をして、もう転勤のない働き方がしたいという価値観にシフトするような人もいます。何を選ぶかは家族で相談することになりますが、家族が増えることは、転職を考えるきっかけの1つになります。

 

 体に問題が起きて、これまでどおりの働き方ができなくなった場合や、近くに住んでいる親戚で手伝いがいる人が出たりと、生活環境が変わるったことが転職の理由になる人もいます。人によっては、転職をしたために、休日が減ったり、給与が減ったりと、何かしら妥協が必要になる場合もあります。その時には全てを手に入れようとせず、何を1番大切にするかなど、優先順位を付けることも、転職を考える時には大切なことです。
 また、今現在の働いている会社での労働環境に気になる点を感じたら、転職を考える良い機会になります。

 

 日本国内で転職をする場合は、30歳前後が狙い目です。実際に転職をする人は30歳前後が多く、うまくいきやすいといいます。なぜ転職するのかというと、それまでの経験を活かしてよりキャリアアップをするためには、30歳前後がちょうど良い時期だからです。今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。それだけの期間、同じ仕事をしていれば、ある程度の経験を積み多くのスキルは身につけることが出来ます。そのため、より高い待遇の会社や、さらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。これ以上年齢を重ねてしまうと転職がより難しいものになってしまうという点も、転職を考えるようになるきっかけの1つといえるでしょう。30代までの転職と、それ以降の退職は難易度が全くちがいますので、転職が可能なうちに、行きたい会社への転職を挑戦してみるのもいいと思います。

 

 転職をすることで社会的な成功をおさめる人もいます。昔は実質的に不可能だと言われた業種を変える事も可能になり、転職に対するマイナスイメージもほとんど無くなってきています。少し前まで、日本で転職を考える時には、以前働いていた業界と同じ業界でなければ、転職は難しいと思われていたようです。現在では、転職支援サービスの普及によって、その壁は一切無くなってきており、比較的自由に転職活動ができるようになってきています。

 

 転職をしたことで、民間の企業から公共機関へと職場を変えることができたという人など、転職を行う時の選択肢は非常に広がっているといえるでしょう。人によっては、新卒で採用されてから数年間は事務の仕事をしていたけれども、転職をしてから営業や企画の仕事をしているという人もいます。転職をしようか考える方は、転職あっせんサイトや、ハローホークで十分に情報収集をして、どうすれば仕事を見つけられるかを考えてみましょう。

多様化する就職活動

 最近は、パソコンやスマホなどを用いて、インターネットを活用した就職活動の方法が、一般的に広まっています。求人雑誌や新聞、ハローワークで閲覧できる求人票が、就職活動時の情報源だった時代もありましたが、今はそれらは主流ではありません。

 

 インターネットは就職活動では必須で、新しい人材を必要としている会社は、自分の制作する会社のホームページで人材募集をしたり、求人サイトに情報を掲載して、人材を募るようになりました。会社説明会の日程連絡や、採用セミナーの予約などもネットでやる会社がふえていますし、採用の連絡や、面接日程の調整なども、インターネットがよく使われています。インターネットをいかに活用できるかが、就職活動では大事になっています。また、最近は就職活動ブログをつくって、就職活動に関する情報交換をネット上でやるなどの方法も、よくある光景になっています。

 

 就職情報を取り扱っている求人サイトでは、求人情報を掲載するのが主な機能でしたが、今では会社側から求職者に対してアプローチする機能も備えています。会社側から、条件に合致している人に声をかけて面接に来てもらうというやり方も広まっております。就職活動をしている人は、求人サイトに登録する際に、自分のプロフィールや、今までの職歴、就職したい会社の条件などを登録します。採用担当者は、求人サイトの登録者プロフィールを見ることで、会社で働いてほしい人を探しだし、面接の案内を出すことができるのです。

 

 仕事を探している人にとっては一つ一つ企業の求人を見なくても採用試験を受けることができますし、企業は欲しい人材を探し出すことができて、どちらにとってもうれしい仕組みになっています。最近では、企業側からのアクションで就職活動が進むというスタイルも、一般的なものになってきています。円滑な就職活動を目指して、就職活動をしている人同士の交流サイトも活用されています。日々の行動を記録に残したり、同業種での就職活動をしている人同士で体験や、学んだことなどを語り合う場として機能しています。このように、最近の就職活動は、その活動自体が多様化してきており、上手に使いこなすことで、就職活動を有利に進めることができます。しかし、就職活動の方法はいろいろと便利になってきましたが、雇用契約を切られたり、リストラされるような不景気の中で、就職活動はまだまだ厳しいと言わざるを得ません。

 

 仕事に対する考え方も個人差が強くなってきて、日本国内ではなく、海外での就職活動をしているという人も現れているようです。昔は、海外で働きたいと思った人は見切り発車でも、まず現地に行って、暮らしながら就職活動をするものでした。その国で就職をしたいと思っても、日本にいたままでは就職活動のための情報は得られませんでしたので、移動をする必要がどうしてもありました。

 

 インターネットが世界各地で利用されるようになったために、日本にいながらアメリカの求人に応募して、採用面接を受けることもできます。就職活動自体は国内にいながら行って、働ける見通しが立ってから、現地に赴くという方法も広まっています。就職活動の方法や就職先など今後もますます多様化され、多くの人がいろいろな働き方を選べるようになってくことは想像に難くありません。

40代の転職はどういうイメージ?

 このサイトはテーマが起業についてであり、筆者は転職は眼中にございませんが、一応少しだけふれさせて頂きます。

 

 就職活動を40歳になってから行おうとすると、年齢がマイナス要因と思われます。ヘッドハンティングなら別ですが。若いうちはバリバリと仕事をしていて、立派なキャリアや実績を持っているような人でも、40歳以上での転職は思うようにはいかないものらしいです。一般には転職は35歳までと言われております。若いにこしたことがないのは事実です。40歳を越えてからの就職活動は、書類を出しても次のステップに進むことができないということが多いと聞きます。20代、30代の気持ちで就職活動をしていると、壁にぶつかってしまうことは間違いありません。。公開されている求人の中から、条件に合うものを見つけて応募するという方法は、40代ではほぼ使えません。履歴書などの書類を送っても、40代の就職活動になると9割が書類選考の段階で振り落とされるともいわれています。100社に応募して、やっと10社に採用面接をしてもらえるという確率です。働いていない期間があると、面接の場での評価は低くなりやすく、採用されることは困難になります。どうしても40代になってから仕事を変える必要があるならば、縁故採用を求めての働きかけをしたほうが、成功率が高いといいます。今まで40年という長い間生きてきているのですから、血縁、友人、今あるネットワークに頼ってみることも不可能ではありません。就職活動に、人同士の関係性を持ち込むことに気兼ねを感じる方もいるようですが、考え方によっては、これも立派な就職活動です。

 

 私の友人でFacebookでのつながりも多く、友人も多く、人と人をマッチングさせるのが非常に好きな、まさにバリアフリーにような人間がおります。その友人が40才手前に転職することになりましたが、その条件はちょっと無茶な・・という変わった未来がみえない職に就こうとしてました。「もっと自分のネットワークを活用すれば、だれか手を差し伸べてくれるかもしれないし、聞くだけきいてみなよ」とさいさん言ってみたのですが、どうも自分のこととなると遠慮してしますようです。結局、まわりの友人つながりで手持ちの資格を活用できる職に就くことができておりました。恥ずかしがらずに、プライドもすてて、切羽詰まったら頼ってよいと思います。

 

 最近はキャリア転職という求人も多いのでチャレンジされてもよろしかと思いますが、相当優秀でなくてはキャリアアップは難しいです。今の仕事と並行して就職活動をして、目途がつかない限りは思い切らないことをおススメしたいです。

 

 筆者は起業ということで40過ぎてから会社を辞めましたが、失敗を繰り返し、どうしようもない状況になった場合は、生きていくために職に就かざるを得ない状況だって考えられます。その際は、知り合い繋がりしかありません。そのような状況にならないために頑張るのみです。

50代の転職はどういうイメージ?

 若いうちの就職活動はスムーズにいきますが、年をとってからの就職活動は非常に難しくなるものです。50歳を過ぎてから転職をしようとしても、定年まで少ししかありませんので、採用側も躊躇してしまいます。若い時ほど体力は続かず、生産力も落ちる割に、給与は高くならざるをえないのが50代の人です。

 

 どんな仕事をするかで、学生アルバイト並みの給料しか入らないか、高い年収が得られるかの分岐点になります。多くの人が、50歳を越えてから次の働き口を探そうとした場合、30歳や、20歳の時とは比べものにならないほど、転職の困難さを実感するものです。様々な求人をチェックしても、働きたい仕事を見出すことは非常に難しく、転職活動自体が成立しない可能性すらあります。企業の求める人材と、応募者の希望する職種にズレが大きいことが、50歳からの転職です。

 

 打開策は、数をこなすことでしょう。応募が可能な企業には何でも応募するぐらいの気合いがなければ、採用の見込みはありません。希望と多少違っていても、妥協することも大事になります。また、片端から応募をして、面接を受けることによって、打開策が見えてくることもあります。

 

 50代になると、定年までのカウントダウンが見えてきて正社員として採用されづらくなりますので、正社員以外の働き方を模索するという手段もあります。絶対に正社員がいいと転職活動に数ヶ月を費やすくらいならば、すぐにでも契約社員で仕事をしたほうがいい場合もあるでしょう。年齢が理由で転職が困難になる場合があることを認識した上で、50代の転職活動をしましょう。

 

<ポイント>

  • 応募可能な企業には何でも応募するぐらいの気合が必要
  • 多少の妥協も必要
  • 状況をみて契約社員も検討

転職探しにべ便利なサイトは?

 日本の雇用の形は、かつての終身雇用制から、相当な違いが出てきています。以前は、学校を卒業したら就職し、その会社は退職するまで正社員として雇用され働き続けることが、当然という価値観でした。同じ会社にずっと居続けることができない人は、本人に理由があるのだろうと思われていたものです。しかし、最近では転職をする人は珍しくなくなり、有用な人材であることを評価されて転職を繰り返すことはいいことだと思われています。

 

 どんな風にすれば効率的な転職活動をすることができるかも、今と昔とは、事情が異なっています。最近では、転職サイトを活用した転職活動の方法も広く行われるようになり、昔のように人との紹介や、取引先の引き抜きに限らない話になりました。転職をしたいと思っていても、自分や身近な人が持つコネだけでは、いい求人先が見つからないこともあります。

 

 どんなに自分がつきたい仕事に関する求人の話があっても、偶然その話を知るという機会は、ないも同然のものでした。現在では、インターネットを活用した転職サイトの求人情報を利用することで、偶然や口コミ以外の方法で、自分の求める求人が探せます。新しい人材を求めている企業にとっても、働き口を探している求職者にとっても、転職サイトはうれしい存在です。今では、多くの人が自分に合った仕事を求めて、転職サイトを利用しています。 

 

 職探しの主な方法としてはホームページやハローワーク、求人雑誌などがあります。かつては、転職サイトにはそれほど情報はありませんでしたが、今では毎日膨大な量の求人情報をサイトで閲覧できます。

 

 最近では、転職先を探すには手始めに転職サイトをチェックするといいされるくらい、利用者が増えています。インターネットという便利な道具を活用することで、現在、転職サイトは様々な形での転職活動を可能にしています。ネットにアクセスすれば、スマホや携帯端末などで転職サイトの情報が閲覧できるようになり、自分の必要としている求人情報を見つけられます。求人情報を見たいと思った時はいつでも、携帯端末で確認ができるようになりました。

 

 働きながら、家事をしながら、時間の合間をぬって転職活動をすることができるようになり、以前と比べてずっと楽になりました。聞いたことがない会社について調べたり、未知の仕事について情報を集めることも、ネットを活用すれば簡単にできるようになっています。検索サイトで、希望の求人について検索をかけたほうが、求人雑誌に載っている求人を一つ一つ吟味するよりずっと手早くできます。業種や仕事内容だけでなく、働けるエリアや、休日の日数などで絞り込みをかけることができます。新しい会社に転職しようとすると、どうしてもお金や時間がかかります。それらを軽減することが転職サイトはできます。転職サイトは利用料金がかからないという利点もありますので、便利な機能を最大限に活用して、仕事先を探していきましょう。

 

海外への就職活動の状況

 近年では、海外で働くために、日本で暮らしながら就職活動をしているという人も増加してきています。海外で暮らすために、まず日本にしながら仕事を探すということが可能になっているのは、社会の情報化が進み、ネットを使ってグローバルな求人ができることがあります。

 

 海外での活動自体がよくあるものになって、日本だけで暮らすことが狭く感じられるようになっているともいえるでしょう。会社側としても、取引先が海外になることも珍しくなくなり、国と国をまたにかけて活動ができるような人材が必要になっているようです。インターネットの就職サイトでも、海外での求人を専門的に扱うサイトや、海外の就職活動をする人への情報提供をするサイトなども登場しています。

 

 海外就職の求人サイトは、海外の求人情報は勿論の事、その他にもビザや滞在国の安全情報、家探しの方法、銀行口座の開き方などの情報も取り扱っています。日本に暮らしながら、海外での仕事先を探し、就職活動をする他、住む家を探したり、暮らすための必要な情報を得ることが可能になっています。

 

 インターンシップとして働いたことがあるかどうかで、海外の就職活動はスムーズにいくかどうかが左右されることがあります。海外での仕事を実際にしたことがないという人は、インターンシップを使ってしばらく働いてみることで、海外で働くことがどのようなことなのかを知ることができます。海外で働きたいと漠然と考えてはいるけれどイメージがわかないという人や、まずは言葉と環境に慣れたいという人にも、使いやすいシステムです。

 

 就職活動を進める上でも、インターンシップの経験があれば、その経験に基づいた判断や、考え方ができて、将来的にも役立ちます。海外での就職活動の場合、国にもよりますが、就職試験や面接が大切な日本とは大分異なる場合が多く、より実務経験や専門知識が求められるのです。

転職活動はどれぐらいの期間があった方がよいか?

 何ヶ月くらいかけて転職活動をするつもりなのかは、事前にイメージしておくといいです。

 

 転職活動の流れを応募から書類選考、面接、内定、入社という順番で考えると、通常は全部で3〜4か月はかかるのではないでしょうか。

 

 それぞれの段階を、1週間刻みでこなしていくと考えるとわかりやすいでしょう。けれども、どのようなタイムスパンで進むかは、会社ごとに差があります。転職活動をする時には、イメージしていたよりもずっと話が早く進んでしまうことがあります。採用が決まったら、即日でも仕事をしてほしいという会社もあります。

 

 転職活動をする時に、半年後から働き始めるつもりでスケジュールを組んでいたけれど、会社のほうは3カ月後から来てほしいと考えてることもあるわけです。多少は入社日の相談にはのってくれますが、基本的には3〜4か月後には入社できる状態で活動するものとして転職活動の計画を立てましょう

 

 転職活動をスタートさせる時には、キャリアの棚卸し作業が必須になります。勤めていた会社で、どんな仕事を担当し、どんな技術を会得し、何ができるようになったのかを一つ一つ書き出していきます。自分以外の人から、アドバイスを受けることも大事です。

 

 転職活動中は、ある程度の費用も必要です。何か必要になった時や、移動料金に困らないよう、予算は確保しておきましょう。

転職活動での情報収集で注意すべきこと

 自分に合う転職先を見つけたい場合、様々な情報の集め方があります。業界情報や、その職種について知識を必要としている時は、正しい情報を見つけ出すことが重要です。

 

 新卒時の就職活動でも、転職活動でも、情報収集をスムーズに行えるかどうかは、希望の職種につけるかどうかを左右します。情報を集める時には、全ての情報が正しく客観的かというとそうではなく、中には主観に基づいた一面的な情報も含まれていることを覚えておきましょう。

 

 特に、インターネットが普及し、様々な転職に関する情報が発信されるるようになっています。実名は伏せて投稿された情報や、有名人が発信する情報、業界の公式情報まで、いろいろな情報があります。

 

 固有名詞は伏せながらも、きょうはどんな会社に面接に行ったかや、面接先でどんなことを言われたかなどをブログに書く人もいます。ブログのような、個人が書いている情報源は、その人の見方で固定されているものが多いですので、頭から信じることはできません。中には、相手に文句をつけたり、攻撃的な言動をしたいだけの口コミサイトや、レビューサイトなどに自分の体験談を投稿しているような人もいます

 

 共感しやすい文章を目にすると、同じ立場にいる自分という価値観になってしまって、公平な判断ができなくなったりします

 

 口コミサイトに投稿されている情報は、冷静になって見極める能力、慎重な判断をするための知識も必要になります。信頼性のある情報かを自分の頭で判断することが、インターネットから情報を集める時には欠かせません。充分に注意して情報収集しましょう。

最近の就職観について

 近年、就職観という考え方に関心が集まっています。経済情勢の低迷から、就職難の時代が続いています。
 大学によっては、学校側が先導する形で就職活動をするほど、新卒生でも就職できないことがあります。就職が困難になる中、何のために仕事をするのか、どんなことを目指して働いているのかという就職観が論じられるようになりました

 

 就職観とは、就職に対してどんな考え方を持っているかです。就職観を見定めた上で、日々の仕事をしているという人は、少ししかいないでしょう。自分にとって就職とは何かを文字化しておくことで、就職観というもの捉えることができます。

 

 自分は何のために働くのか明確にすることは、就職活動だけでなく、その後の人生においても働くモチベーション源となります。自分がどんな生き方をしていきたいかは人によって違いますので、これといった正解は存在しません。正解、不正解というものはないですが、自分にとっての答えはこれというものを持つことが重要です。

 

 就職観のない働き方をしていると、働く生き方に楽しみが見出せず、職を転々とする原因にもなります。踏ん張りがきかずにすぐ仕事をやめてしまったり、他人の目的のために自分が使い潰される結果になってしまったりします。自分の未来を切り開くために、就職観を作っておきましょう。





↓エンジニアの独立支援 フリーランス待遇で正社員 登録は無料↓




 
トップページ プロフィール プライバシーポリシー お問合せ